「76g」エバニューの折り畳み傘
【ハレとケのアウトドアアイテム】


アウトドアメディアを中心に活躍するフォトグラファー・野呂美帆さんが、普段の生活にも取り入れたいアウトドアアイテムを紹介。今回は、ハレとケの二毛作を実現した珠玉のアイテム「エバニューの折り畳み傘」です。

近年雨の降りかたや、気温の高さが気になっている。『50年に一度の』『観測史上初めて』などのフレーズを毎年聞いているような。このまま地球はどうなっていくんだろうと不安になるとともに、日々の対策も考えないといけない。

天気予報や雨雲レーダーの精度があがって、急な雨に備えられるようになってきたものの、外れる事だってある。だからといって毎日傘を持ち歩くのは邪魔だし、重い。突然降ってきてコンビニでビニール傘を買うのも嫌だ。

そんな時に見つけたのがエバニューの折り畳み傘。

もともと登山や旅行用の傘を探していて気になったもの。持った瞬間、え?と思うくらい軽い。あまりの軽さにすぐ壊れるんじゃないかと少し頼りなく感じるほど。しかしそこは日本製。さすがに台風のような荒れた日に使うことは無いが、にわか雨やゲリラ豪雨など日常の雨には問題なく使える。

骨は5本だけど軽くて強いカーボンを使用しているので多少の雨風では壊れない。

そんな事からアウトドア用に買った傘が完全に日常用になっていった。梅雨の時期は雨予報じゃなくても毎日カバンの中に潜ませている。

76g。入れっぱなしでも全く気にならない重さ。この軽さをどう伝えればいいかと比較するものを調べていたら、LLサイズの卵が70~76gということだった。大きな卵ひとつ分の重さ。やっぱり軽い。

そしてもうひとつのお気に入りポイントはケースに書いてある天気のことわざ。「おぼろ雲は雨の前ぶれ」「タンポポしぼむと雨になる」など。昔からの言い伝えがどこか懐かしく、雨の日の憂鬱を少しだけ和らげてくれる気がする。

この記事を書いた人

野呂 美帆
野呂 美帆フォトグラファー
旅、アウトドア、ライフスタイルを中心に幅広く活動。フィールドを気にせずシンプルで長く使えるものを慎重に選びたい。その一方で、旅先での衝動買いも嫌いじゃない。